第6回離婚調停期日

いよいよ、最後の離婚調停です。banza-iS

そう、「最後の」と書いてあるわけですから、この日で離婚が成立したのです。

結局、財産分与+婚姻費用5ヶ月分+年金分割で離婚が成立しました。子供の親権は、この時点で息子が20歳になっていましたので決める必要はなくなりました。
また、大学の学費は私が出すことにしました。これは私の意思です。

お互い条件に折り合いがついたことが確認されると、調停室に全員が揃いました。審判官と書記官という人も入ってきて、本日をもって離婚することや、先ほどの条件が読み上げられます。

そして、間違いがないか双方に確認がなされ、調停が終了しました。

調停調書を離婚届けと一緒に、区役所に届け出れば、晴れて、離婚となります。ちなみに、離婚届を出すのは離婚を求めた側、つまり申立人である私になります。
もちろん、調書が出来上がってすぐに、提出しにいきました。

ここまで、本当に長かかったです。それでも、裁判をやる方に比べれば私はずっと短い方のようです。
親権争いが熾烈な場合は、裁判で決着をつけるほかなく、調停に加えて、裁判だけで1年以上というケースも珍しくないようです。

今後のこのブログですが、しばらくは、離婚後の中年男というテーマで書いていきたいと思います。会社を辞めて、離婚もして、一人になった男がどんな生活をしているのか、本音で書いて行きたいと思います。

自分ひとりで稼ぐ方法や、中年男の恋愛話(?)などもちょっとだけあります。

それでは、引き続きよろしくお願いします。

One Response to “第6回離婚調停期日”

  1. くろす より:

    義母との衝突から主人への頼りなさや不満がたまり、アトピーが超悪化し、日常生活に支障をきたしました。3回家出し、4回目にして、別居開始しました。
    ペアローンで買ったばかりの家の処理につき、もめており、こちらから調停を申し立てました。
    調停の進捗状況が参考になりました。

コメントを残す

このページの先頭へ